Home > Patterns

刺し子の伝統模様

 刺し子に使われる模様の中には、刺し子から生まれた刺し子独自の伝統模様の他、海外から伝わった模様、江戸の貴族に好まれ着物などの織物、染物に使われた模様、古くから食器や生活用品に描かれてきた模様など、調べると数えきれない程の模様があり、その起源を一つ一つ探ることはとても難しいことと感じています。これらを考え出した先人の知恵にただただ驚嘆し敬服せざるを得ません。
 日本で使われる文様の起源を探ると、多くの幾何学文様が西アジアでみつけることができ、中国や朝鮮を経由して日本へ伝わったのではないかと考えられています。亀甲つなぎ七宝つなぎは紀元前300年代の西アジアで使われ始めたと考えられており、墓壁画や像にそれらの文様を描いたものが残っています。また、ササン朝ペルシア(3世紀から7世紀)の銀杯や銀皿には青海波らしき文様が描かれたものもあります。立涌という柄は唐草模様がその起源と考えられ、それらが発達した模様が世界各地で見られるようです。(日本・中国の文様事典 より)
 これらの模様は着物や和小物、陶磁器、身の回りの物に用いられ、日本独自に変化した伝統模様として今もなお息づいています。
地域によって模様の呼び名も違うのでしょう。同じ模様でも呼び名は異なったり、同じ名前でも模様自体が異なったりする場合もあります。
 特に縁起が良いとされる動植物や品々を描いた吉祥文様は、晴れ着や慶事の宴会などの調度品などにあしらわれ、アジアでも広く愛されています。日本でも吉祥文様として使われているものは、長寿を表す松竹梅、富貴を表す七宝打ち出の小槌(こづち)、夫婦円満を表す鴛鴦(おしどり)貝桶(かいおけ)、発展を表す、立身出世を表す、幼子の健康を祈る麻の葉などがあります。

inserted by FC2 system