Home > Patterns > 模様刺し

模様刺し

 ぐし縫いの刺し子は基本的な運針で良く、特別な技法や決まりはありません。好み、用途に合わせて、刺しやすい大きさの針目で、一定の間隔で自由に刺します。
 刺し子という名の通り、布に直角に針を刺すようにすると、針目がふっくらと仕上がります。表の針目は、裏の針目に比べ、やや大きくする、表3:裏2が一般的に美しいと言われています。
 縫い目の交点、T字、十字は針目と針目が重ならないように、角は、針目が出るように刺すと良いようです。ただし、地域によっては前記のような決まりに沿って刺さないところもあります。
 『嫁入り道具の花ふきん』で紹介された花ふきんは表裏均一の針目で刺しています。また、交点の針目が交わる模様もあります。わかりやすい例では、麻の葉模様の交点に表れています。
 一般的な書籍には、麻の葉の交点の針目は放射線状になるよう針目を裏に出しますが、『嫁入り道具の花ふきん』で紹介された花ふきんは、中心部分で針目が交わって、点のように見えます。これは秋田に伝わる独自の規則に沿って刺しているようです。
 飛騨さしこにおいても、その地に伝わる独自の手法があり、表裏均一の1mmにも満たない細かな針目で刺したものも多数あるようです。同じく麻の葉模様を見ると、交点が交わっています。
 また、大抵の刺し子の本には、結び目は作らず、縫い始め、縫い終わりは3~4針分返し縫いにしたり、糸の継ぎ目も重ね縫いにするよう書かれています。私は昔からの癖で、ふきんを作る時は、返し縫いではなく玉結びをしています。できる限り目立たぬよう、布の端で玉結びをし、2枚のさらしの間に引き込むようにしています。
 下記の伝統模様とは別に現代刺し子作家さんによる創作模様も数多く存在し、有名なものでは故 吉田英子さんの野分(のわき)があります。また、吉田英子さんは、野分以外にも数多くの模様を考案、創作され、著書に紹介されてきました。吉田さんは博物館で見た古い労働着や風呂敷など、また、昔からの紋帳や浮世絵に描かれた着物から模様を図案化されてきたそうです。どの模様が創作模様であるのか定かではない部分もあり、吉田さんが考案された一部の模様は伝統模様のように紹介されているケースも見受けられます。

  • 朝顔
  • 麻の葉
  • 網代
  • 網文(網目)
  • 霰亀甲
  • 井桁格子
  • 井桁に八角つなぎ(蜀江紋)
  • 井戸枠
  • 渦巻き文、四角渦巻き文
  • うず万字
  • 角紗綾形(紗綾形)
  • 角七宝
  • 角十つなぎ(柿の花つなぎ)
  • 角寄せ
  • 篭目
  • 重ね枡つなぎ
  • 霞つなぎ
  • 花文
  • 変わり毘沙門亀甲
  • 変わり雷文
  • 菊刺し
  • 亀甲
  • 組子(組子文)
  • 組み七宝
  • 組菱
  • 格子絣
  • 工事崩し
  • 格子つなぎ
  • 香図
  • 木の葉七宝
  • 紗綾形(菱紗綾形)
  • 紗綾形算くずし
  • 算くずし
  • 三重亀甲
  • 三重菱つなぎ
  • 七宝つなぎ
  • 十字亀甲
  • 十字つなぎ(十の木繋ぎ)
  • 蜀紅
  • 杉綾
  • 青海波
  • 立三枡(立三枡文)
  • 立涌
  • 段亀甲
  • 段つなぎ
  • 千鳥つなぎ(親千鳥)
  • つづき山刺し(つづき山形)
  • つなぎ雷文
  • 角亀甲
  • 積木
  • 詰田
  • 飛び麻の葉
  • 鳥襷(鳥襷文)
  • 流し紗綾形
  • 流し十字
  • 斜め十字つなぎ
  • 斜め方眼つなぎ
  • 二重麻の葉
  • 二重籠目
  • 二重亀甲つなぎ
  • 箱刺し(筋なし麻の葉/三つ箱つなぎ)
  • 花刺し(十字七宝)
  • 花七宝(変わり七宝、花車)
  • 花菱形
  • 半丸つなぎ
  • 檜垣
  • 菱井桁
  • 菱青海波
  • 菱卍
  • 菱模様
  • 毘沙門亀甲
  • 比翼井桁
  • 平井十文
  • 平組み卍つなぎ
  • 平三崩し
  • 平詰三枡
  • 平山道
  • 分銅つなぎ
  • 曲がり麻の葉(千鳥つなぎ)
  • 枡刺し
  • 松皮菱
  • 丸七宝
  • 丸毘沙門
  • 向い亀甲
  • 結び亀甲(鱗車)
  • 紅葉
  • 八ツ手麻の葉
  • 矢羽根
  • 山路
  • 寄木(寄せ木麻の葉)
  • 四つ組菱
  • 四ツ手麻の葉
  • 雷文(紗綾形くずし)
  • 六角花文

花七宝

刺し子の模様 花七宝
inserted by FC2 system