Home > Patterns > 秋田刺し子

秋田刺し子

文献が少ないのですが、秋田県内には秋田刺し子と呼ばれ、主に佐竹藩の武家や大店の商家の女性たちが刺してきたものがあるそうです。
秋田の刺し子は昔から色鮮やかな細い絹糸や綿糸一本で刺されることが多く、繊細な仕上がりになるのが特徴です。
[参考文献] 続・遊佐刺し子に遊ぶ

由利本庄市には本庄刺し子としてその地に伝え続け、伝統を守るための活動をなさっている刺し子サークルも多数あるようです。中でも歴史が古いのは、昭和20年頃から旧本荘市石沢地区の刺し子の好きな女性同士が集まり結成されたという本庄刺し子会の皆様です。
また、刺し子の本を多数出版なさっている故 吉田英子さんも秋田県旧本庄市(現 由利本庄市)のご出身です。現在、吉田さんの技法を受け継いだ方々が麻ノ葉会として活動なさっています。

また、『嫁入り道具の花ふきん』の著者の近藤陽絽子さんは30代で花ふきんに魅せられ、これまで千種以上の模様を考案されてきたとのことです。近藤さんは秋田県民芸協会理事も務めておられます。
近藤さん自ら、秋田県内の針上手を訪ね歩き、刺し方を見て覚えてこられたそうです。近藤さんの著書では、秋田に伝わる伝統模様を中心に、伝統的な刺し模様に変化を加えご自身で考案された独自の模様も多数あり、シンプルなものから複雑なものまで様々なくずし模様の花ふきんを見ることができます。また、近藤さんの地刺しの花ふきんの縁にはくぐり刺し(通し刺し)が施されているものが多く見られます。ほとんどのふきんの四隅に糸の房がつけられているのが特長でかわいらしいです。近藤さんが伝統を崩さないよう心がけていらっしゃるためか、刺し子のこれまでのイメージから大きく外れるようなことはなく、昔からあったかのような堂々とした趣きのたおやかな花ふきんたちです。模様に付けられた昔からの名前を大切にして、自ら新たな名前を付けることはしないという近藤さんの信念には先人を敬い尊ぶ心がうかがえます。
[参考URL] アド・ネット・さきがけ 郷 近藤陽絽子さん インタビュー

inserted by FC2 system