ホーム > 材料 > 刺し子糸

刺し子糸

刺し子糸

 糸の太さを比べるため、手持ちの木綿糸を2枚重ねにしたさらしに並縫いで刺してみました。ヘラで線を引き、その上をなぞるように3~4mmの針目でぐし縫いしています。
 それでは、上の写真で使用している糸を上から順番にご紹介します。

  1. 小鳥屋 染分糸 赤系のぼかし 太糸
  2. 小鳥屋 染分糸 青系のぼかし 太糸
  3. オリムパス 刺し子糸 紫とピンクのミックス(73) 旧商品40mかせ
  4. オリムパス 刺し子糸 青濃淡のボカシ(52) 旧商品40mかせ
  5. オリムパス 刺し子糸 赤(15) 旧商品40mかせ
  6. 藤久 刺し子糸 太 緑
  7. 飛騨さしこ本舗 段染め刺し子糸 No.202
  8. Herbal 合細 草木染め
  9. アースベル 細口 30番 木綿手縫い糸 緑
  10. ルシアン コスモ25番刺繍糸(色番:354) 6本取り
  11. ダルマ 刺し子糸合太 レインボー(101)
  12. 藤久 刺し子糸 細 赤
  13. 藤久 刺し子糸 太 ミックスピンク系

 刺し子糸は一般的に3~8本の細い糸を甘縒りにしたものです。刺繍糸よりも縒りは強いものが多いため、縒りをほぐして使うということはあまりしません。
 刺繍糸で2本取りというと、縒りをほぐして細い糸を1本ずつ引き抜き、2本束ねて使うという意味の場合が多いと思いますが、刺し子で2本取りと書かれている場合は、糸をほぐさずそのまま2本重ねて使うという意味であることが多いです。
 ふきんのように薄い布には1本取りで十分ですが、広い範囲に刺す場合や分厚い布の場合は2本取りで作ったりすることもあります。また、ひとえに刺し子糸といっても各社、糸の太さが異なりますので、好みや布の厚みによって1本取り、2本取りと変えていただけると良いと思います。
 「長糸の短気」という言葉や「下手の長糸、上手の小糸」ということわざが昔からあるように、長い糸だと縫っているうちに途中で糸がもつれたり、毛羽立ったり、縒りがほぐれたりしますので、布幅や縫うペースに合わせてちょうど良い長さに切って使うと良いようです。
 私はこれまで刺し子糸のかせを切らずに使っていたので、ふきんを作る際はふきんを端から端まで刺せるくらいの長さ(模様にもよりますが大体50~60cmくらい)や、その日に刺す量に合わせて糸を切ったりして使っていました。最近は糸のかせを一箇所切って使うようになり、メーカーにもよると思いますが、オリムパスの刺し子糸の小かせの一箇所を切ると、1本が約1mになります。カード巻きの糸は自分の使いたい長さで糸を切れるので便利です。
 一目刺し(地刺し)をする際、太めの糸を使うと、かなりの重さと厚さになってしまいますので、さらしのような薄いものに刺すのでしたら、なるべく細めの糸を選ばれたほうが良いと思います。
 それぞれの糸に特徴があるように、針目にもまた十人十色の味わいがあり、出来上がった刺し子には刺し手の個性が表れるようです。
 こちらのホームページでご紹介した花ふきんや小物には主に小鳥屋、オリムパス、ダルマ、Herbal、飛騨さしこ本舗、藤久の刺し子糸を使わせていただいてます。

 小鳥屋は、色糸(全23色)は細糸のみ、未晒糸、白糸、染分糸(全6色)には細糸と太糸があり、飛騨高山の本店もしくはオンラインショップで購入できます。
 細糸は20番手4本縒り、太糸は20番手8本縒りです。我が家の手持ちの刺し子糸の中では、こちらの太糸が一番太いです。
 糸の「番手」は、「一定の重さに対して、長さがいくらあるか(恒重式番手)」を測定して数値を求められています。数字が大きくなるほど細い糸であることを示します。
細番手<40番<30番<20番<太番手

 オリムパスの刺し子糸(6本縒り)には、小かせ(20m)と大かせ(100m)があり、色の種類が豊富です。小かせは単色23色、ボカシ3色、ミックス7色。大かせは単色5色、ボカシ3色、ミックス4色。小かせと大かせの糸の色合いが異なるようで、色番も異なります。
 他に太糸の刺し子糸(白のみ 13m)やこぎん糸(全34色)があります。
 私は主に小かせ(旧商品の40mかせ)の刺し子糸を使用しているのですが、他メーカーの糸に比べかなり太めです。これまでふきんに使用してきたのですが、ふきんには糸が太すぎるように感じます。細糸の販売はありません。糸質はやわらかく、刺しているうちに毛羽立ちがやや気になる時があります。
 ※商品規格が変更され、以前、販売されていた40mかせが20mかせに変更になりました。本体価格を下げていますが、糸の長さが半分になっているので、実質、値上げをしたことになるのでしょう。また、糸の太さも40mかせの旧商品より、20mかせの新商品のほうが若干細くなりました。ということで、オリムパスの刺し子糸も藤久の太糸、ダルマの合太糸、飛騨さしこの刺し子糸とほぼ同等の太さになりました。
 また、オリムパスと同じ色合いの刺し子糸がユザワヤのプライベートブランド商品として販売されています。まだ使用したことはないのですが、オリムパスの旧商品と同じくらいの太めの糸のようです。オリムパスと製造元が同じだとしたら、いずれユザワヤの糸も現在のオリムパスの刺し子糸くらいの細さに規格変更になるのでしょうか。

  ダルマの刺し子糸は、細糸と合太糸があります。細糸は大かせ(170m)と小かせ(40m)があり、それぞれ単色20色が販売されています。また、合太糸は大かせ(100m)が単色9色、小かせ(40m)が単色20色のほか、それぞれ段染3色とレインボーがあります。ラインナップが大変豊富ですので、よく使う原色から、やさしい色合いのパステルカラーまでお好みの色がきっとみつかると思います。細糸の小かせ1本で同社の「夢ふきん」がちょうど1枚作れるような長さになっているようです。細糸、合太糸の太さは藤久の細糸、太糸とほぼ同じ太さです。また、合太糸は、飛騨さしこ本舗の刺し子糸とほぼ同じくらいです。
 合太糸のレインボーと細糸の紅色(7)とすみれ色(8)を購入してみました。袋を開けてすぐは糊が強く糸も硬く感じましたが、糸をほぐしてから少し経つと柔らかくなり、問題なく使用できるようになりました。縒りは割りと強めのため毛羽立ちも少ないと思います。レインボーは、濃い色合いのカラフルな糸ですが、実際、刺してみると派手過ぎず、かわいらしい仕上がりになりました。また、すみれ色はきれいなつやのある色で一目ぼれして購入したのですが、サイトで確認したところ、掲載されてなかったので、もしかしたら廃盤になってしまったのかもしれません。他にも単色糸にきれいな色が多いので、おすすめです。

 アトリエ はーばるの綿糸は合細(20番手4本縒り)で、毛羽の少ないやわらかな糸です。糸の細さは、ダルマ(合太)や飛騨さしこの刺し子糸よりも細め、ダルマ(細糸)や藤久(細糸)よりも若干太めという感じでしょうか。
 ザクロ、ティンギ、ローズ、ログウッド、スオウ、カモミール、茜、柿渋、藍などの染料を使った草木染めの自然な色合いがすてきです。
 ただ、自然染料のためか、洗濯時に中性洗剤以外を使用すると色移りしたり、色落ちしやすかったりします。また、同じ染料でも、かせによって色の濃淡、色合いが微妙に違ったりすることがあります。広い範囲に刺す場合は大かせで購入したほうが良いと思います。
 アトリエはーばるYahoo!店で刺し子糸が販売されています。

 飛騨さしこ本舗の刺し子糸(6本縒り)は色も美しく、大変質の良い糸です。単色、染分、草木染めと種類も豊富です。糸の細さはダルマの合太糸、藤久の太糸と同等です。
 飛騨さしこ本舗の店舗、電話・FAX、WebショップCreemaにて注文することができます。私自身は、飛騨の本店と都内のユザワヤで購入しました。

 藤久(株)の刺し子糸の太糸(6本縒り)、細糸(4本縒り)ともにダルマの合太糸、細糸とほぼ同じくらいの太さになります。毛羽立ちの少ないやわらかな糸で、質も良いです。糸の番手は不明ですが、細糸は4本縒り、太糸は6本縒りなので、細糸と太糸の太さの差はよ~く見ないとわかりません。
 小かせ(40m)と大かせ(100m)があります。小かせは、単色が細糸、太糸各10色ずつ、段染め、ミックスが細糸、太糸、各2色ずつあります。大かせは細糸の単色各7色、段染め、ミックスが各2色ずつあります。パステルカラーの多いオリムパスに比べ色のラインナップがやや濃い目・渋めです。
 藤久の直営店舗トーカイやクラフトパーク、ネットショップのシュゲールにて販売されています。

 アースベル 細口 30番木綿手縫い糸(全39色)は、光沢のある細口の糸です。30番手を3本縒った糸なので刺し子糸に比べかなり細めです。私が子供の頃、初めて花ふきんを刺した時に使った糸でして、緑や赤の糸でふきん一面に大きな八つ手麻の葉を刺しました。
 ご家庭で使われる手縫い糸としては、ダルマの家庭糸のほうが一般的ですよね。ダルマの家庭糸(細口 30番手3本縒り)は色数が全56色もあり、色を選ぶ楽しみもありますね。手縫い糸でしたら、ご家庭にある手縫い針やメリケン針(洋針)で手軽に刺し子を始められると思います。手縫い糸には太口(20番手3本縒り)もありますが、どのメーカーも色の種類が3、4色と少なめです。
 実際、秋田の花ふきんでは、30番手の綿や絹の手縫い糸を1本取りもしくは2本取りで縫われるのが特徴のようです。また、故 吉田英子さんの著書でも、花ふきんに赤い太口の手縫い糸が使われています。

 ルシアン コスモ25番刺繍糸(8m)は、最高級エジプト綿を使用したやわらかく光沢のあるきれいな糸です。全462色販売されており、ぼかし染めも全140色と色展開が大変豊富です。色落ちの少ない日本製の糸で、国内で高いシェアを占めています。
 また、刺繍糸では長繊維エジプト綿のDMC 25番糸が世界的にみると愛用者が多いようです。フランス製の糸で1カセ8.7ヤード(約8m)、単色447色、段染め18色のラインナップとなっています。また、DMC カラーバリエーションという25番の段染めの刺しゅう糸のシリーズが販売されており、全60色のバリエーションとなっています。
 刺繍糸を刺し子に使う場合は、より分けた刺繍糸を1本ずつ引き抜き、好みや布地に合った本数を重ね、甘く縒ってから使用すると、ふっくらとした針目に仕上がり、刺し子糸とはまた異なる、光沢のある上品な雰囲気になります。刺し子の本でも時々、光沢のある布に刺繍糸を使ったものを見かけます。

 NASKA(なすか)は、特に段染め糸の色合いに特長があり、ポップでかわいらしい仕上がりになります。色のラインナップは小巻(25m)、大かせ(145m)ともに単色が15色、段染めが8色となっています。4本縒りの細めの糸です。糸の細さは飛騨さしこよりも細め、ダルマ、藤久の細糸と同じくらいです。小巻はカード巻きになので糸が絡まることなく使いやすいです。25mなので、一目刺しのふきんだと1つでは足りなくなるかもしれないです。
 オカダヤ新宿本店でなすかの刺し子糸が販売されていました(2016年9月時点)。実物を見ると、段染め糸の色合いのかわいらしさを再めて実感し、全色購入したくなりました。ですが、ひとまず気持ちを抑えてCol.201とCol.203を購入しました。かわいすぎです。もったいなくてふきんに使えない…。他の刺し子糸と比べ縒りが甘く、質感も異なります。ふきんより何か他の小物に使用したほうがと思い、コースターやポットマットに使ってみました。刺し子独特のしぶさが全くありません。
 NASKA(なすか)では他に和色の糸のシリーズ四季刺し子糸(80m)が全17色販売されています。日暮里繊維街の生地店トマトのノーション館でこの四季刺し子糸が販売されていました(2017年9月時点)。こちらは、濃厚な渋さがありカタログの写真で見たよりも色の濃い糸が多いです。好みがわかれると思いますので、実物を見て購入されることをおすすめします。

 まだ購入したことがない刺し子糸の中で、ホビーラホビーレの刺し子糸が気になっています。ぼかし糸8色、どれもかわいらしいです。そして糸の量が多い上、お値段が良心的ですので、花ふきんにも安心して使えそうです。
 また、工房夢細工では美しい草木染めの刺し子糸が販売されています。桜染めの刺し子糸は上品な色合い、草木染め(茜染め、紫香染め、藍染めなど)は深みのある鮮やかな色合いになっています。オカダヤ新宿本店にてこちらの桜染め、草木染めの刺し子糸が販売されていました。(2016年9月時点)
 刺子作家の銀座亜紀枝さんが会長を務める自然堂では、刺し子用品(刺し子糸、下絵付きの刺し子布や針セット)を通販や直営店にて購入できるようです。本藍染め・草木染めの刺子細糸が20番手4本取り、天然染刺子糸が10番手4本取りとなっています。以前、川越の大正浪漫夢通りにある直営店へ一度訪れたことがあるのですが、今度、また訪れて、藍染めや草木染めの刺し子糸を購入したいと思っています。

inserted by FC2 system