がんぜ刺し

がんぜ刺し1
糸:Herbal 綿糸4/20 合細 ハーブ染め
がんぜ刺し1
ウニが閉じているように見えます。
がんぜ刺し2
交点の部分に点がないパターンです。
山形の飛島(とびしま)刺し子の代表的な模様です。飛島の漁家に残る漁業用仕事着(ドンザ)に多く刺されていたようです。 ウニをモチーフにしており、魔除けの意味を込めて使われていたようです。四つ手麻の葉にもよく似ています。
がんぜ刺しと呼ばれる模様にはいくつかパターンがあります。そのうちの二つは下記の交点の部分に模様があるものとないものになります。
また、こちらには載せていないのですが、他に筋が3重になった花文という刺し模様によく似ている模様もあります。そちらの模様はウニが開いているようなイメージの模様です。

参考書籍

inserted by FC2 system