分銅(ふんどう)

分銅
分銅
糸:飛騨さしこ本舗 段染め刺し子糸 No.201
分銅 図案
 コンパスを使って半径4cmの円を製図しています。斜めにならんだ円の一部分を消していくと模様が浮かび上がります。
 七宝や千鳥つなぎ、鳥だすき同様に曲線だけの簡単な図案です。
 富の象徴として使用されてきました。宝尽くし(吉祥文様のひとつで、宝物を集めた文様)の一つとして使用される縁起の良い模様です。
 分銅とは物の重さを量る時に使われていたおもりです。
 裏に糸を通さずに、ふきんの端から端までつなげて刺せる簡単な模様です。
inserted by FC2 system